ホーム / 競馬理論 / スピード指数

スピード指数

歴史
現在、数ある競馬予想理論の基盤を築いたと言っても過言ではありません。
考案したのは世界の英知が集まるハーバード大学出身の競馬評論家「アンドリュー・ベイヤー」。
その理論はベイヤー指数という名で、1975年に発表と意外と歴史は古い。
1992年、アメリカで最大のシェアを誇る競馬新聞「デイリーレーシングフォーム」にベイヤー指数が掲載され、
世間に広く知れ渡る契機になりました。
当時、ベイヤー指数を活用するだけで儲かっていたことも周知される要因の一つです。
後にスピード指数と形を変え、1990年代後半からは一般的な競馬新聞の予想にも採用されるようになりました。
現在、存在する競馬予想理論の多くはこのスピード指数が基になっています。

概要
スピード指数とは、各競馬場の基準レコードタイムと、そこで走る競走馬の走破タイムを比較し指数化するということです。
具体的には、その「基準タイム」と「走破タイム」の差を基に、競馬予想における重要な要素を数値化し指数を算出します。
主な要素は、馬場状態・レース距離・コース形態・負担重量等です。
この算出した要素の指数がその競走馬の能力の値になります。

問題点
このスピード指数は、競走馬の走破タイムが重要になります。
競走馬の能力を客観的に算出する一方で、必ずしも競走馬が全力で能力を出し切っているとは限りません。
レースには駆け引きがあり、騎手の意思によってスローペースなレース展開になり得ることも多々あります。
そういった場合、スピード指数も本来の能力より低く算出されてしまうからです。
また、走破タイムを基に指数の算出・補正を繰り返すという特性の為、レース歴のない新馬には活用できません。
さらに、3歳~4歳という育ち盛りな時期の前後のレースで、スピード指数を活用するのも難しいでしょう。