ホーム / 競走馬 / アウトブリード

アウトブリード

概要
アウトブリードとは、インブリード(近親交配)の反義語で『異種交配』という意味です。
インブリードと同様に、猫や犬と言ったペットから家畜や馬まで、畜産業界で広義に使われている手法です。
競走馬の歴史は交配の歴史でもあり、インブリードによる生まれながらの障害を減らすためにも、アウトブリードでの交配は必須です。
また三大始祖のように、常に優秀な産駒を産む種牡馬を中心とした交配が行われるため、血統が衰退するという側面もあります。
このような問題を防ぐためにも、以下の条件でアウトブリードが行われています。

父母馬の祖先にインブリードが発生しているが、両親の間ではインブリードが発生していない場合

また、血統表を遡って5代以内に共通した祖先(父母)がいない場合は、アウトクロスと呼ばれています。
アウトブリードは定期的に行う場合と、産駒(子孫)の状態を見て行う場合があります。
いずれも以下のような効果が得られます。

1.インブリードによる生まれながらの障害を減らし、繁殖力の強い健康な産駒が生まれやすくなります。
2.血縁の遠い交配になるので、多様な遺伝子の組み合わせが生まれ、インブリードでは見られない産駒が生まれる場合があります。

しかし、現在でも強い馬を生産するためにインブリードは行われています。
アウトブリードを繰り返すと以下のような弊害が浮き彫りになります。

1.遺伝子型が「ヘテロ接合型」となりなりやすく、インブリードほど共通した特徴を発現する力が弱くなります。
2.アウトブリードによって、インブリードが持つ特性を失い血統の均一性が薄れていきます。

アウトブリードによって馬の安全は確保されますが、同時に優秀な血統が一気に失われるというリスクも存在するということです。

余談
生命の神秘にまだ科学が追いついていないというべきでしょうか。
どんな条件化に生まれた馬でも走ってみないと優劣が付けられず、優れた畜産家でも根拠のない勘による交配しか出来ていないのが現状です。
またインブリードは危険な交配になるので、現在はアウトブリードでの交配がスタンダードな方法として取り組まれています。