ホーム / 競走馬 / 競走馬の種類

競走馬の種類

概要
日本の競走馬と言えばおおむね中央競馬や地方競馬で見られる一般的な競走馬か、日本でしか行われていない『ばんえい競馬』の競走馬ではないでしょうか。
こちらでは中央競馬で活躍している競走馬の種類について紹介していきます。

中央競馬で活躍する競走馬の平均的な大きさは、身長(地上から胴体上までの高さ:体高)「160cm」、体重(重量)「500kg」ぐらいになります。
競走馬が走った時の平均的な速度は、時速「50~60km」なので、500kgの塊がスクーター並みの速度で走っていると言えば想像しやすいでしょうか。
ちなみにばんえい競馬で活躍する競走馬は、身長「170cm~200cm」、体重「700kg~1000kg」にもなり、まさに馬力という言葉が似合う風格です。

競走馬は速く走ることが宿命付けられた人生なので、子を産むための両親の組み合わせから生産は考えられています。
日本で競馬が始まってから繰り返された品種改良、馬体は今後あまり変わることはないと考えられます。
ただ、積極的に海外の馬と掛け合わせると変わっていくかもしれません。

競走馬は大きく分けて8種類に分類されています。
見た目による違いでは肌、毛並みの色の違いになり、この毛色の違いによって競走馬の種類が分類されています。
人間でいうと黒人、白人、黄色人ということになりますが、肌の色による能力の違いはあまり確証されていません。
競馬新聞では毛色の違いをわかりやすく判断するために、下記のように表現しています。

【 鹿毛、黒鹿毛、青鹿毛、青毛、芦毛、栗毛、栃栗毛、白毛 】

ここからは実際に写真を添えて解説していきます。

鹿毛(かげ)
※引用元:JRA

毛色は明るい赤褐色から暗い赤褐色(※長毛と四肢の下部は黒色)
一般的に馬と言えばこの色を想像するのではないでしょうか。
鹿毛で活躍した名馬では『ディープインパクト』がいます。
THE競走馬って感じですね。

黒鹿毛(くろかげ)
※引用元:JRA

毛色は黒味がかった赤褐色。
眼の周辺、腋、ひばら、下腹及び内股は褐色で、長毛と四肢の下部の色は被毛の色の濃淡にかかわらず黒色です。
黒鹿毛で活躍した名馬では『ナリタブライアン』『ブエナビスタ』が挙げられます。
どちらも競馬に歴史を残した名馬ですね。

青鹿毛(あおかげ)
※引用元:JRA

毛色は黒色で眼及び鼻の周辺、腋、ひばら等がわずかに褐色です。
車のCMにも出てきそうな艶やかな毛色です。
ダークホースという名にふさわしい競走馬ではないでしょうか。

青毛(あおげ)
※引用元:JRA

毛色は黒色です。比較的少ない希少種です。
季節によっては毛先が褐色となり黒鹿毛や青鹿毛のように見えることもあります。
これを見分けられるようになれば競馬通と名乗れるのではないでしょうか。

芦毛(あしげ)
※引用元:JRA

毛色は年齢とともに変化し、初期は栗色、鹿毛、青毛等ですが、白色毛も混ざっており、年齢が進むにつれて白色の度合いが強くなり純白になります。
人間と似たような変化が特徴的な種類です。
青毛と同様、希少種であり、実際のレースで見かけることも少ないと思います。
それだけに目立つ存在でもあり、青毛と対照的な美しさを持つのではないでしょうか。
もともと希少種なため、芦毛で活躍した馬と言えばほぼ『オグリキャップ』を指すものと思われます。
若干、知名度が落ちるかもしれませんが、『メジロマックイーン』も名馬として活躍しています。
この二頭を押さえておけば今日からあなたも競馬通です。(本当か?)

栗毛(くりげ)
※引用元:JRA

毛色は黄褐色です。まさに栗色です。
少し気品を感じるような毛色です。
栗毛で活躍した名馬では『オルフェーヴル』が挙げられます。
三冠馬として無敵の強さを誇っていたオルフェーブルはまさに皇帝と呼ぶにふさわしい名馬ではないでしょうか。

栃栗毛(とちくりげ)
※引用元:JRA

毛色は黒味がかった黄褐色から黒味の非常に濃いものまでありますが黒色ではありません。
他の毛色の馬と比べて活躍した名馬はあまりいませんが、この毛色の馬がそもそも少ないのでそこも一因ではないでしょうか。

白毛(しろげ)
※引用元:JRA

毛色は生まれたときから白色です。
競馬界ではなぜ白い馬が生まれるかいまだに解明されていません。
ホワイトタイガーや突然変異で白く生まれた動物の多くは、アルビノという色素が欠ける遺伝病によるものです。
しかし、白毛に関してはアルビノではないことは確認されているので、原因は不明な状態です。
競馬漫画で有名な『みどりのマキバオー』がもしかしたら白毛かもしれませんね。